インプラント

Medical

歯を失っても、天然の歯のような噛み心地を
インプラント治療は、失った歯の代わりとなる人工の歯根と歯によって、
噛む機能を回復させる治療です。
歯を失ったままにしておくと、噛み合わせや発音をはじめ、自然に笑えないなどの悩みを抱えたり、
心身ともに様々な問題が生じることがあります。
インプラント治療では天然歯とほぼ変わらない見た目・噛み心地を取り戻せるため
そのような問題も解決でき、快適な毎日を送っていただけるようになります。
「上部構造(人工歯)」「アバットメント(土台)」「インプラント(人工歯根)」でインプラントは構成されます

当院のインプラント治療について

*

それぞれの口腔状態、症例に応じて最適なインプラントを選択
インプラント治療は、手術を行う歯科医師の技術はもちろんのこと、インプラントそのものの選択も、重要視することが大切です。
そこで中通辰川歯科医院では、国産ならではの知識・技術を駆使して開発され、国産インプラントの中でもっとも歴史があるメーカーや、安定性のある高精度のパーツによって機能性と審美性を高め、長期の予後を確立するメーカーなど、複数メーカーのインプラントシステムを取り扱うことで、患者様一人ひとりのあごや口腔状態、ライフスタイルを考慮した上で最適な選択を行えるよう配慮しています。
当院の実績
*
植立本数 2,2681,142

平成29年12月 現在

インプラント・
入れ歯・ブリッジの比較

*

一人ひとりのご要望をしっかりお聞きし、最適な治療法をご提案
従来は、「入れ歯」や「ブリッジ(失った歯の左右の健康な歯を削って橋をかけるように人工歯を被せる治療法)」が、部分的に歯を失った場合の主流な治療法でした。しかし近年では「インプラント治療」がより天然歯に近く、より快適な生活をお送りいただける新たな治療法として認知されています。
どの治療法が適しているかは、患者様それぞれです。ご要望をしっかりお聞きし、お口やお身体の健康状況もしっかり確認しながら、一人ひとりに合わせた最適な治療法をご提案いたします。
インプラント
インプラント
  • 咀嚼・噛む能力を発揮できる
  • しっかり噛めることで顎の骨の衰えを防ぐことができる
  • 違和感がなく、発音への支障もない
  • 健康な歯を削る必要がないため、自分の歯が多く残る
  • 天然歯とほぼ変わらないような美しい見た目
  • 手術が必要
  • 保険適用外のため、治療費が高くなってしまう
  • 比較的、治療期間が長い
入れ歯
入れ歯
  • 比較的、治療が簡単で短期間で終了する
  • 保険適用であれば比較的安価
  • 自費の材質によっては見た目をきれいにできる
  • 硬いものが食べづらい
  • 食べ物が入れ歯に挟まることで、虫歯のリスクが高くなる
  • 保険適用の部分入れ歯だと留め金が見えてしまい、見た目が良くない
ブリッジ
ブリッジ
  • しっかり固定され、ほとんど違和感なく噛める
  • 自費の材質によっては見た目がきれい
  • 治療期間が短い
  • 保険適用であれば比較的安価
  • 隣接する健康な歯を削らなくてはならない
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかる
  • 食べ物が歯肉とブリッジの間に挟まってしまうと、虫歯の危険性が高くなる

インプラント治療の流れ

  • 1

    カウンセリング
    中通辰川歯科医院では、治療を始める前に丁寧なヒアリングを行います。
    歯を失ってしまった原因や、インプラント治療にどのような回復を求めているのかなど、単に治療を行うだけではなく、患者様のお気持ちやご希望などを伺うことから始めるので、安心していただけます。

    *

  • 2

    精密な検査
    レントゲン、CT、口腔内写真などの撮影をはじめ、血液検査、お口・あごの状態を、高性能な設備を使用して精密に検査し、患者様のお身体の状態をしっかり把握します。これらの検査はインプラント治療を精密・安全に行うためにも、また的確な診断を行う上でも、欠かせない大切な行程です。
    ※検査結果によっては、インプラント治療を受けられない場合もあります。まずはご相談ください。

    *

  • 3

    診断に基づいた治療計画を立案
    必要なインプラントの本数、治療期間、費用など、検査結果に基づいた治療計画を、わかりやすくご説明いたします。
    また当院ではインフォームドコンセントを徹底しております。治療は患者様が理解、納得された上で開始していきますので、十分にご検討ください。
    ご不明な点がありましたら些細なことでもお気軽にご質問、ご相談ください。

    *

  • 4

    安全な手術を行うための前処置
    治療計画に同意いただけましたら、インプラント治療を安全に行うため、必要に応じて虫歯・歯周病の治療を行います。また、インプラント治療に対してあごの骨が少ない場合は骨の再生治療を行うなど、インプラント治療に適した口腔環境に整えます。

    *

  • 5

    インプラント埋入手術
    安全・確実に手術が行えるよう、歯科用CTで撮影した立体画像から、コンピューターで適切なインプラント埋入位置のシュミレーションをし、あごの骨にインプラント(人工歯根)を埋入していきます。
    手術の翌日以降から通常の生活ができます。

    *

    インプラント(人工歯根)埋入する一次手術とアバットメント(土台)装着する二次手術

    お口や身体の状態から、手術を2回に分ける場合もあります。1回目の手術でインプラントを埋入して治癒期間をおき、骨との結合が確認できたら、2回目の手術でインプラント埋入位置を再度切開し、アバットメントを装着します。

  • 6

    治癒期間
    インプラント(人工歯根)とあごの骨がしっかり結合するのを待つための期間です。
    インプラントを埋入した部位(上顎・下顎など)や骨の質などは一人ひとり違うため個人差はありますが、おおよそ2〜6ヶ月ほどで、しっかりと結合します。この期間中に仮歯を利用していただくことも可能です。
  • 7

    上部構造の製作
    術後から、上顎で4ヶ月〜6ヶ月、下顎で2ヶ月〜3ヶ月程経過した後、上部構造(人工歯)となる被せ物を製作するための型取りをします。
    型取りをしてから1〜2週間後で一度上部構造を装着し、様子を伺いながら噛み合わせの調整を行っていきます。

    *

  • 8

    メンテナンス
    インプラントは優れていますが、完璧ではありません。
    インプラントの大敵とも言われる歯周病(インプラント周囲炎)の予防や、他の残っている歯を健康に保つためのメンテナンスをしっかり行いましょう。
    ご自宅で行えるホームケア方法を医院よりご案内しますが、3ヶ月〜6ヶ月に一度は、歯科医院にて定期的にクリーニングや口腔内チェックを受けていただきます。
    インプラントを長持ちさせ、治療後の健康維持のためにも、ぜひ定期検診にお越しください。

    *

Medical