予防歯科

Medical

歯を守るために、
痛くなる前に歯医者へ
現在の歯科医療は「治す」ことより「守る」という、
予防歯科の考えが主流になっています。
世界で一番歯科疾患が少ないと言われている予防先進国のスウェーデンでは、
虫歯や歯周病などになる前に歯科医院へ通い、
未然に病気を防ぐことが当たり前になっています。
そもそも虫歯や歯周病にならなければ、歯を治したり削ったりする必要はないですよね。
「歯医者は痛くなったら行くところ」その古い考え方は、今すぐ見直してください。

生涯、ご自身の歯で
健康に過ごすために

*

年をとれば誰でも歯を失う…
そう考えてはいませんか?
歯を失う原因の7割以上が虫歯と歯周病だということ、ご存知ですか?これは誰にでも起こる老化現象ではなく、防ぐことができます。つまり、虫歯と歯周病にならなければ、歯を失う確率を大幅に下げることができるのです。
国全体の歯科医療の方針として「予防歯科」の考えが採用されているスウェーデンでは、子どもの頃から歯の検診や歯の健康づくりが生活習慣として定着しており、虫歯や歯周病を防ぐことに繋がっています。そして80歳を迎えても、多くの方が若い時とあまり変わらない本数の歯を維持できていることで、食事やおしゃべりを楽しめて、より豊かで充実した時間を過ごされているのです。
  • 予防歯科に取り組んでいる人の割合
  • 70歳の残存歯数ともに予防先進国との差は一目瞭然です!
担当歯科衛生士制で
一人ひとりをしっかりサポート!
当院では患者さまごとに歯科衛生士1人が担当させていただきます。初診時から担当歯科衛生士が診ることで治療経過をしっかりと把握し、患者さまのお口の状態の改善度合いを知ることができます。また、磨き癖や汚れがたまりやすい場所などを正確にお伝えすることができ、効果的な治療をご提案することができます。

*

より効果的な予防を
実践するために

プロケアとセルフケア

「プロフェッショナルケア」と「セルフケア」を両方行い
虫歯や歯周病を徹底的に予防します
中通辰川歯科医院では、生涯にわたりお口の中の健康を管理・サポートする歯科医療の提供を目指しています。
そのために重要な予防歯科では、定期的に歯科医院で受ける「プロフェッショナルケア」と、ご自身が毎日自宅で行う「セルフケア」の両方をサポートしています。
どちらか片方を行えば良いということではなく、両方のケアを行うことでより効果的な予防につながります。予防先進国スウェーデンの人々のように、大切な歯を守ってより豊かな人生を送るために、今すぐ予防歯科に取り組みましょう!

歯医者で行う
プロフェッショナルケア

PMTC
歯科衛生士が専門の器具を使用して行う歯のクリーニングです。磨き残しや、歯ブラシでは磨けない歯と歯茎の隙間まで、お口の中を徹底的にきれいにしていきます。
PMTCの後は歯がツルツルで汚れがつきにくくなり、予防効果も期待できます。汚れがしっかり落ち、本来の歯の白さも戻ります。施術の痛みはなく、お口の中がとても気持ち良くなり、エステを受けているような感覚で虫歯や歯周病の予防もできる、まさに一石二鳥の方法です。
PMTCの流れ
  • 歯垢のチェック

    染め出し液で
    歯垢のチェック

  • *
  • フッ化物入りペーストを塗布

    フッ化物入り
    ペーストを塗布

  • *
  • 歯間や歯面をクリーニング

    歯間や歯面を
    クリーニング

  • *
  • 仕上げ磨き

    歯の表面をツルツル
    に仕上げ磨き

  • *
  • フッ素塗布

    フッ素塗布で
    歯質を強化

  • 歯磨き指導
    毎日のセルフケアを効果的に行っていただけるよう、お口の状態に合わせた歯磨きの仕方から歯ブラシの選び方までお教えします。

    歯みがき指導

  • 口腔検査
    歯や歯茎など口腔状態を細かに検査します。その他の検査結果と合わせ、一人ひとりに最適な診療計画をご提案します。

    口腔検査

  • スケーリング
    (歯石取り)
    歯石には歯周病の原因となる細菌が含まれています。通常の歯磨きでは絶対に除去できないため、専門の器具で徹底的に除去します。

    スケーリング(歯石取り)

その他、フッ素塗布やシーラント填塞など

ご自宅で行うセルフケア

*

歯磨き
毎日しっかり磨いているつもりでも、どうしても磨き残しができてしまいます。また、自分では気づかない磨き癖などで、歯や歯茎を傷めてしまうことも…。自分に合った歯ブラシや歯磨きの方法を丁寧に指導いたしますので、正しい歯磨きを習慣付けましょう。
POINT
毛先の開いた歯ブラシは歯にきちんと当たらず、汚れが除去しづらくなります。
歯ブラシの交換は1ヶ月に1本を目安にし、常に歯ブラシを磨きやすい状態に保ちましょう。
  • フッ素配合の
    歯磨き剤
    フッ素は、歯質を強化したり、虫歯の発生・進行を防ぐ働きがあります。
    フッ素配合の歯磨き剤を使用して、毎日の歯磨きをより効果的に。

    フッ素配合の歯磨き剤

  • 歯間ブラシ・フロス
    歯ブラシが届きにくい歯と歯の小さな隙間は、歯間ブラシやデンタルフロスを使用し、細かい部分もきれいにしましょう。

    歯間ブラシ・フロス

  • ジェル・
    デンタルリンス
    就寝中はだ液の分泌量が減少するため細菌が繁殖しやすくなります。就寝前には殺菌力を持つ洗口剤を使用してすみずみまで殺菌しましょう。

    ジェル・デンタルリンス

Medical