小児歯科

Medical

お子様の気持ちに寄り添う、やさしい診療
小さな頃から歯が痛くなる前に、予防のために定期的に歯科医院へ通う習慣をつけることは、
お子様の生涯のお口の健康だけでなく、全身の健康に大いに貢献します。
だからこそ、お子様にとっての歯科医院が「痛くて怖い!行きたくない!」場所にならないよう、
辰川歯科医院では歯科医院での予防・メンテナンスで生涯の健康を支えていけるように、
お子様の気持ちに寄り添った無理のないやさしい診療と、医院づくりを心がけています。

お子様にとって「また来たい!」と思える場所に

*

お子様の気持ちに寄り添うことを心がけた診療
子どもの頃に歯科医院へ恐怖心を抱いてしまうと、診療だけでなく、定期的・継続的なメンテナンスも難しくなります。またその恐怖心や嫌だった時の気持ちが大人になってからもなかなか拭えずにいると、歯科医院から足が遠のいてしまう原因の一つとなります。
だからこそ、一層丁寧な対応でお子様の気持ちに寄り添った診療を心がけています。特に小さなお子様の治療は極力早く終わらせ、いきなり治療に入ることが難しいお子様には、まずは歯科医院や器具に慣れてもらうことからはじめるなど、無理のない診療でご家族で通いやすい医院づくりに配慮しています。

*

ご家族と一緒にお子様の成長を支えていきます
歯が生え始める乳幼児期から、幼稚園・保育園生、歯が生え変わる小学生、そして永久歯列や噛み合わせが完成する中学生まで、ご家族と一緒に一人ひとりの成長段階に適したサポートを行います。お子様一人ひとりの成長や発達、歯や歯並びを長期にわたって継続的に管理することは、お子様の生涯の健康を守り続けることにつながります。

歯が生え変わる時期は
要注意です!

*

「乳歯は抜けてしまうし、生え変わるから虫歯になっても大丈夫」
その考えは大きな間違いです
乳歯にはこれからの口腔環境や成長に関わる大きな役割があります。それは、丈夫な永久歯を正常に生やす準備、正しい噛み合わせやあごの骨の成長、知能の発達などです。
また乳歯の虫歯を放置していると、感染症である虫歯菌はお口の中でどんどん広がります。生えたての永久歯は抵抗力が弱いため、虫歯になるリスクが高くなるのです。つまり「乳歯は生え変わるから」と虫歯になっても重要視しない考え方は、大きく間違っています。

*

とてもデリケートな「生え変わりの時期」
歯の生え変わりの時期は乳歯と永久歯が混在して歯並びがでこぼこしてしまうため、歯磨きがしづらくなります。また表面も粗く汚れがつきやすい口腔環境になります。加えて、生えたての永久歯は抵抗力が弱いため、虫歯になりやすいとてもデリケートな期間なのです。
乳歯が抜けなかったり、永久歯がなかなか生えてこなかったり…、この時期特有のトラブルもあるので、歯の生え変わりの時期をしっかり把握し、大切なお子様のお口のケアに細心の注意を払いましょう。

大切なお子様の今と、
生涯の健康のために

*

虫歯になりにくいお口づくりを
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は「無菌状態」で虫歯や歯周病の原因となる菌がいません。
では、どうして虫歯になってしまうのでしょうか?それは、虫歯が菌による感染症であることがあげられます。つまり、何らかのルートでお子様に虫歯菌が感染してしまっているのです。例えば、お子様を想い噛み砕いた食事を与える行為や、大人からのキスといったスキンシップです。
虫歯菌への感染時期を遅らせることで、将来虫歯ができにくくなるというデータも報告されています。お子様を虫歯から守ることが、将来のお子様のお口の健康を守ることにもつながっているのです。

お子様を虫歯から
守るポイント

  • 1

    感染源の除去
    感染源となる、お母様を始めとする周囲の大人の方のお口を清潔に保つことが大切です。
    毎日の歯磨きはもちろん、歯科医院での定期的なケアやクリーニングで予防を心がけ、お口をきれいな状態に保ちましょう。虫歯などで治療が必要な場合は早急に歯科医院へ行きましょう。
  • 2

    感染経路の遮断
    キシリトールは虫歯の感染を防ぐのに効果的と言われています。特に無糖、シュガーレス、糖類0gなどの表示がされている製品がおすすめです。それらを活用して、安全なスキンシップを心がけましょう。
  • 3

    抵抗力の強化
    歯質が弱く免疫力の低いお子様の歯を守るために、抵抗力の強化をしていきましょう。歯科医院での定期的な検診や歯磨き指導、また虫歯ができやすい歯の溝をシーラント填塞で埋めたりもできます。ご自宅では手軽に歯質強化できるフッ化物配合の歯磨き剤なども活用しましょう。
  • 歯磨き指導

    歯磨き指導
  • シーラント填塞

    シーラント填塞
  • フッ化物の活用

    フッ化物の活用
保護者の方へのお願い
大人は我慢できることでも、お子様にとっては大変です。治療の後はたくさんほめて、お子様の気持ちをサポートをしてあげてください。
保護者の方へのお願い
Medical